トリマーを目指すなら、専門学校が最短ルート

トリマーはペットの美容師です。人間の美容師になるためには国家資格が必要ですがトリマーになるには国家資格は存在せず、本来は誰にでも始められる職業なのです。そうは言っても、可愛いペットに日々関わることができる女性に人気の職種です。希望者も多いので、実際に雇ってもらうためには、資格のない方より、専門的に勉強した資格を持った方が優遇される傾向にあります。

社団法人ジャパンケネルクラブが認定するトリマー資格は国家資格ではありませんが、持っておきたい資格の一つです。取りやすい方から順にC級・B級・A級・特別A級・教士・師範に分かれており、より高い級を持っておくことが、就職への近道です。一般社団法人全国動物専門学校協会が認定する資格もお勧めです。サロントリマー、3級、準2級、2級、1級、S級に分かれいますのでこちらも高い級を持っておくに越した事はありません。

この2つがメジャーな資格ですがこの他にもいくつか存在しますので、それぞれの特徴を見極めて学びましょう。資格をとるためには、通信教育などの方法もありますが出来るなら専門学校へ通う方がお勧めです。通信教育では実際の犬に触れたり、直接指導を受ける事はできませんが、専門学校ならより現場に近い形で実習し、知識を得る事ができます。お金はかかりますが実際に資格を取るまでの期間は短く済みますし、確実に資格が取得できます。

動物の体の仕組みや、犬種・猫種によっても違う毛のスタイル、扱い方など資格以外の部分でもトリマーが身に着けておかなければならない知識は多いので、雇う側から見ても専門学校出身者の方が、より安心して任せられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*